OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ SS2019「Jim Stark」

2019/03/08

 

本日はOFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™ SS2019「Jim Stark」をご紹介致します。

Off-White SS19 「Jim Stark」
米青春映画「Rebel Without a Cause 理由なき反抗」(1955)でジェームズ・ディーンが演じた主人公「Jim Stark」がテーマ。その反骨精神溢れるキャラクターはアメリカ中のティーネイジャーに影響を与え、白Tシャツにワーカー・デニム・スタイルが一世を風靡しました。

「Skinny Luxury Varsity Jacket」
「ジーンズに白シャツに今こそ立ち返ろう」とうたう レザー、ウール混在のスクール・ジャケット。バックにはイーグルそして「jeans and t-shirt」が刺繍されています。

「Monalisa Camouflage Smock Anorak」
Ablohがモチーフに使い続ける「モナリザ」がオーバーレイされたアノラック。「The most parodied work of art in the world」「The Most Written About」は「世界でもっとも知られた、もっとも見られた、もっとも書かれた、もっとも歌われた、もっともパロディ作品が作られた美術作品」であり、「イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた、上半身のみが描かれた女性の肖像画」であるとフリー百科事典より抜粋され、説明されています。

「Flamed Bart Double Hoodie」
アメリカの長寿シットコム・アニメ「The Simpsons」のキャラクターBart Simpsonをフィーチャー。その反骨精神が今コレクションにマッチしています。有名な台詞「I’m Bart Simpson. Who the hell are you?」「俺はBart Simpson。誰だお前は?」と炎上しながら語るBartのグラフィックがモチーフ。

OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™
ガーナ人の両親の元にイリノイ州で生まれ、シカゴに育ったVIRGIL ABLOHは土木工学と建築の博士号を取得後建築関係の職に就くものの、2009年にKanye Westと共にFendiにてインターンシップを経験。ヒップ・ホップとスケートボードに傾倒していた10代の頃に触れたグラフィックTシャツや、そのシーンのスタイルなど、自然とファッションにリンクしていったと言う彼は、同年シカゴにアート・ギャラリーとアパレル・ショップを併設したRSVP Galleryをオープンしました。2012年には自身のファッション・ブランドPyrex Visionをローンチ、またALYXのMatthew Williams、Heron Prestonと共にクリエイティブ集団Been Trillを結成。Flat-Whiteの名でDJとしても活躍する中、2013年にミラノを拠点とするファッション/ライフスタイル・ブランドOFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH™を立ち上げます。ブランドコンセプトは「黒と白の間にあるグレーゾーンをOff-White™として定義すること」。今でこそトレンドとなっているストリートウェアとハイ・ブランドのミックスだけでなく、インターネット・ネイティブのユースに向けたロゴやストライプなど視覚的に訴えかけるブランディング、そしてInstagramを通じたマーケティングはファッション業界に大きな変革をもたらし、ABLOHのLouis Vuitton Men’sアーティスティック・ディレクター就任により、ストリート/ハイエンド両シーンの新たなリーダーとして確固たる地位を築き、さらなる挑戦と進化を続けています。

 

入荷アイテムの詳細はGR8 Newsletterにてご紹介しておりますのでぜひご活用ください。
こちらのアイテムはGR8にて3月9 (土) 11:00より発売致します。
また、GR8 ONLINE STOREて3月9日 (土) 10:00より発売致します。
尚、ONLINE STOREにて完売しました商品につきましては店頭での発売は致しませんので予めご了承下さい。

 

 

GR8
LAFORET HARAJUKU 2,5F
1-11-6 JINGUMAE SHIBUYA-KUTOKYO
1500001JAPAN
TEL&FAX
/(03)3408-6908
MAIL gr8@gr8.co.jp