(日本語) Charles Jeffrey LOVERBOY AW18

2018/08/30

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

本日はCharles Jeffrey LOVERBOY AW18をご紹介致します。

スコットランド生まれ、グラスゴー育ち、現在ロンドンを拠点にするデザイナーCharles Jeffreyが2015年にスタートしたCharles Jeffrey LOVERBOY。ロンドンの名門Central Saint Martinsでのファッション・デザインの学費捻出のため学友やアーティスト仲間と始めたクラブ・イベントLOVERBOYがブランド名の由来となっています。ファッションのトレンドが、メンズ、ウィメンズという定義からユニセックス、ジェンダーフルイドへとシフトする2018年においてもなお、街中では男性がスカートを履いていれば糾弾される現状、そして若者たちがファッションを通して自分自身を表現する場を失われている事実への危惧を、このトレンドが始まる前自身のコレクションを通じて伝えています。
ジェンダーに縛られない、自由でいて「声」を感じさせる彼の日常、クラブ・シーンをベースにしたデザインは、若者たちの心を掴み、とりわけそもそもジェンダーの定義の必要性に疑問を抱く人々の支持を得ています。
Christian Diorでのインターンを経て、雑誌LOVEやAnOtherでライター、Vivian WestwoodのアーカイブやMaison Margielaの回顧ページなどのクリエイティブ・ディレクションそしてスタイリストとしても活躍する彼は、新たなファッション界の先導役を担っています。
今コレクションは “TANTRUM”=癇癪と題され、ポジティブなだけではない正直でダークなメッセージが込められています。ランウェイショーはパフォーマンスグループTheo Adams Company やデザイナーの仲間たちが出演し、10分間怒りを爆発させました。タータンやスカートなど、スコットランド由来の要素が散りばめられています。

入荷アイテムの詳細はGR8 Newsletterにてご紹介しておりますのでぜひご活用ください。
こちらのアイテムはGR8にて8月31日 (金) 11:00より発売致します。
また、GR8 ONLINE STOREて8月31日 (金) 10:00より発売致します。
尚、ONLINE STOREにて完売致しました商品につきましては店頭での発売はございませんので予めご了承下さい。

GR8
LAFORET HARAJUKU 2,5F
1-11-6 JINGUMAE SHIBUYA-KUTOKYO
1500001JAPAN
TEL&FAX
/(03)3408-6908
MAIL gr8@gr8.co.jp