(日本語) A-COLD-WALL* SS19「Human. Home. Structure.」

2019/04/27

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

物理的な空間、そして建築の持つ直感的な感情を洋服で具現化したコレクション。建築物がからだを祭り、保護し、奮起させるものであり、同時に文化的なランドマーク、土地土地の特色を表すものであると考えます。

「Shoulder Piece」
これからの時期、シンプルなスタイリングにアクセントを与えるフード付ショルダー・ピース。ジッパー開閉、バックル・アジャスターで調整可能。

「Asymmetrical Raincoat」
アシンメトリックなアート・ピースのようなレインコート。圧倒的な存在感を放ちます。

「3D Pocket Polo」
シックな深紅のアシンメトリカルなポロ。立体的な3Dポケットが特徴的。

「Inflatable Trousers」
空気を注入し、膨らますことで全く異なるフォルムへと変身するテクニカル・ワーク・パンツ。

「Mesh Pocket Trouser」
膝部分に取り外し可能なメッシュ・ポケットをあしらったミッド・ライズ・パンツ。

「Velcropatch Hoodie」
ベルクロで取り外し可能な大胆なロゴ・パッチを搭載したフーディ。

「Curved Bag」
アート・ピーズのようなカーヴを描くキャリーオール・バッグ。ストラップ付。

「Multipanel Leather Sneaker」

100%カーフ革のスニーカー。幾何学図形のアップリケ、エンボス加工のロゴ、敢えて見せるステッチでミニマルなシルエットのスニーカーを建築物のように装飾しています。

A-COLD-WALL*

2015年、イギリスのグラフィック・デザイナーSamuel Rossがスタート。ブリティッシュ・ストリート・カルチャーとワーキング・クラスの衝突を、アッパークラスエリートたちの知性で磨きをかけ、ファッションだけでなく社会的主張、没入型アートとして具現化させています。ワーキング・クラス出身である彼はグラフィックとイラストレーションを学んだ後、自らVirgil Ablohにメールを送ると、すぐにグラフィック・デザイナーとして採用され、後にブランド設立へと背中を押されます。耐久性のある生地を用いたワークウェアとストリートウェアのミックス、街中のビルを思わせる色、イギリスの階級制への疑問や興味を、洋服を通じ投げかけています。


入荷アイテムの詳細はGR8 Newsletterにてご紹介しておりますのでぜひご活用ください。
こちらのアイテムはGR8にて4月28 (日) 11:00より発売致します。
また、GR8 ONLINE STOREて4月28日 (日) 10:00より発売致します。
尚、ONLINE STOREにて完売しました商品につきましては店頭での発売は致しませんので予めご了承下さい。

GR8
LAFORET HARAJUKU 2,5F
1-11-6 JINGUMAE SHIBUYA-KUTOKYO
1500001JAPAN
TEL&FAX
/(03)3408-6908
MAIL gr8@gr8.co.jp